口腔外科|調布駅前の歯医者・歯科|森の泉歯科

TEL.042-485-6293

〒182-0024
東京都調布市布田1丁目41-1 菊屋ビル3F

MENU
口腔外科

口腔外科を得意分野とする歯科医師がより良い治療を

院長は口腔外科について知識や技術を磨いてきましたので、一般的な歯科診療に加えて親知らずの抜歯や顎の不調にも対応可能です。
治療後、万が一トラブルが起きた場合は、できる限り早く対応いたします。歯と歯茎以外でもお口のことでお悩みや分からないことがありましたら、お気軽にご相談ください。

親知らずを抜くにあたって治療のリスクを軽減するため、歯科用CTを用いて精密な診査・診断をし、その結果を参考に治療計画を立てています。歯科用CT画像ではお口の状態を立体的に把握できるので、レントゲンでは分かりにくい親知らずの根の向きなども確認できます。
親知らずが生える途中で止まったり横倒しになったりすると骨の中に埋もれてしまい、一般的には抜くのが難しい状態です。抜く時に血管や神経を傷つけてしまう恐れがあるからです。複雑な生え方をしている親知らずの場合は特に難しく、大学病院や口腔外科を得意とする歯科医師が対応する必要があります。
当院では、口腔外科に習熟した院長がリスクを抑えてきちんと処置いたします。どこで抜こうか迷っている親知らずがある方は、一度ご相談ください。

口腔外科を得意分野とする歯科医師がより良い治療を

顎を動かすと音がする(関節雑音)

顎を動かした時に、耳の前あたりで「カクカク」「ミシミシ」と音がする状態です。症状が音だけの場合は自然に良くなる場合が多く、治療は必要ないと考えられます。

顎の関節が痛い

お口を開け閉めする際や食べ物を噛む時など、顎を動かした時に関節や周辺が痛む状態です。顎の動きに関係なく痛い場合は、他の病気の可能性が高いです。

お口を大きく開けられない(開口障害)

お口を大きく開けても、ご自分の人差し指から薬指までの3本の指が縦に入らない状態です。顎を動かすと痛いので大きく開けられない場合もあります。

噛み合わせに違和感がある

顎の関節や筋肉に問題があると、顎の動かし方が変わり噛み合わせが悪くなることがあります。顎を開けるのに、まっすぐ開けられなかったり左右どちらかにズレたりする状態です。

お口をぴったりと閉じられない

顎の関節内でクッションの役割をする「関節円板」がズレたり異常が起きたりすると、上下の歯の間に隙間ができ、お口をぴったりと閉じられなくなる場合があります。